ソーラー発電の耐用年数の考え方


ソーラー発電耐用年数一般的には30年といわれています。
しかし実際は最低でも30年は持つと考えれているようです。なぜそのように言われているかというと、ある灯台にソーラー発電装置がとりつけられているのですが、そこは海の上のため潮風など平地に設置するよりもかなり悪条件のなかで使用されている
にもかかわらず30年以上使用されている実績があるので、ソーラー発電耐用年数は30年以上と考えて問題ないと思います。

ソーラー発電の場合の耐用年数とはなにを基準に考えれているのでしょうか?
各メーカーのソーラーパネルの場合は出力補償年数と言うものはうたっているが、耐久年数に関してはうたっていないのがほと
んどです。

その出力保証期間というのもほとんどのメーカーは10年としています。
なかには、サンテックパワージャパンQセルズジャパンのように25年間出力補償なんてのまで打ち出して来ているので、これは私個人の判断ですが、それから考えるとソーラーパネルの発電の出力が2割減以下になる期間というふうに定義づけてもよいと思いますね。

ここで、ソーラーパネルの発電の出力が2割減以下で疑問をもった方もおられるかもしれないので、ソーラーパネルの発電出力減の話が出てきたので出力補償について補足します。
一般的にソーラー発電用の太陽電池は、90%までの出力補償が最低でも10年付いていますが、JIS企画が始めから±10%の誤差を認めているので、実際の補償対象は81%以下と言うことになります。

とは言っても保証条件はメーカーによっても異なるので、ソーラー発電用の太陽電池を購入の際は必ずチェックしておくことをオススメしますね。

メーカーによってはこのJISの誤差を含めないで、出力を10%を10年間補償します。
といった内容の説明がなされている場合もあるかもしれないですからね。

しかし残念ながら私はいろんなメーカーの資料を見たことがありますが、そのような記載をしているメーカーはありませんでした。
まあこの結果から、今後そのような補償を付けるメーカーは出てこないでしょうね。
もしそれができるなら、サンテックパワージャパンQセルズジャパンのように25年間出力補償とか30年補償とかにしますもんね。
posted by ソーラー発電導入で究極のエコライフを実現!口コミ&体験談 at | 収入・確定申告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


恋愛占いするならここ