ソーラー発電の外灯で住宅用に設置するのにおすすめなのは


最近家族で街に買い物に行ったり、公園などに行ったりすることがよくあるのですが、するとよく目にするのがソーラー発電装置の太陽電池セルがついた外灯です。

私は自分の自宅にソーラー発電装置の太陽電池セルを取り付けているのですが、その場合だと夜間は電力を発電出来ないので電力会社から電気を購入しているのですが、そう考えるとこの外灯も夜間は発電出来ないのでは?
と疑問を抱く人もいると思います。

このソーラー発電装置の太陽電池セル付きの外灯には鉛蓄電池(バッテリー)が搭載されているため、昼間太陽光発電装置で発電した電力はその鉛蓄電池に備蓄されます。
そして、夜間になるとセンサーを通して外灯が灯るようになっています。

こうゆう製品があると住宅のソーラー発電でも同じように鉛蓄電池やリチウムイオン電池などを搭載すれは、太陽光発電のみで自分たちが使う電力をまかなえるではないかと考える方もいると思います。

しかしの場合デメリットが沢山生じてしまいます。
一つは売電ができなくなってしまう事です。
その理由は、蓄電池を取り付けてしまうと売電するためのバイパスをうまくつなぐ事ができなくなるからです。

二つ目は、蓄電するより売電したほうが利益が出る事です。
その理由は、導入してから10年間は1kwh/42円という通常の2倍近くの価格で買い取ってくれるからです。

なので一番いいのはソーラー発電を導入してから10年経ってから蓄電装置を導入するのが一番いい方法かもしれませんね。

なんか外灯の話からそうとずれてしまいましたが、住宅でも設置出来るオススメのソーラー発電装置の太陽電池セル付きの外灯を紹介しておきたいと思います。



これは、価格も手頃で住宅に設置出来るということでも人気ソーラー発電式の外灯ですので、家の周りの雰囲気を周りと少しでも変えてみたいと思っている方は設置してみてはどうでしょうか。
posted by ソーラー発電導入で究極のエコライフを実現!口コミ&体験談 at | メーカー・製品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ソーラー発電の自作キットいちおしを紹介


東北大地震で巷でこれほどまでにソーラー発電が注目を浴びてくると節電をするのはもちろんですが、自分でソーラー発電用の太陽電池を購入して自作してしまう人も沢山いると思います。

今回はそんなDIY好きの人のために、オススメのソーラー発電自作商品を紹介します。

お手頃な価格でソーラー発電自作したい方にオススメなのが、これですね。



これは格安ですが、DIYが好きな方にはたまらない商品ですよね。
自分が作りたいモノにこのソーラーパネルを貼り付けるだけで、世界で一つだけにソーラー発電で動く自作作品が誕生する訳ですからその嬉しさはもう言葉にできなくらいの気持ちになりますよね。
あなたはこれで何を作成しますか?
私は今年の夏を節電で過ごすために扇風機にソーラー発電装置を取付けて、エコ扇風機を自作したいですね。

次に紹介するオススメのソーラー発電自作キットは、ガーデニングをする人にはもってこいの商品です。
それはこれです。



これを利用すれは水やりも自動で出来てしまうので楽ちんですよね。
これでもうモーターを使っていた電動ポンプも必要なしですね。
なんていうと弊害があるかもしれないですね。そんなに大きいパワーを出す装置ではないので自分の作業に合ったものを選ぶようにする必要はありますね。金魚池の噴水には利用出来るかもしれないですよ。

本格的なソーラー発電自作キットをお探しの方におすすめなのはこちらです。



総出力55Wソーラーパネル搭載しており、晴天日ならの発電量が約160〜190Wh/日の電力をまかなう事ができるので、32型の液晶テレビなら1時間見れる電気量をまかなう事が出来ます。
こちらですとベランダ等に取り付けることはもちろん、持ち運びも可能なのでバーべキューやキャンプでは重宝するかもしれませんね。
posted by ソーラー発電導入で究極のエコライフを実現!口コミ&体験談 at | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋愛占いするならここ